読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき保管庫

気まぐれに書きに来ます。

IS12Sで外部キーボード接続(後編) というよりShareKMのご紹介

去年6月時点でacroHDではUSB接続の日本語キーボードが使えなかったわけですが、昨日ふと思い立って、前回使用したのと同じUSB接続のキーボード(PC用)を繋いでみましたところ、Alt+Space も Ctrl+Space も押さずにいきなり日本語が入力できるようになっていました。
あまりにあっけなく、6月にあんだけ大騒ぎしたのが嘘のよう^^;
今ぐぐってみましたら、 Xperia acro HD(IS12S) Android4.0.4のホスト機能について: Yamax Monorogue で昨年9月時点で日本語キーボードが使えていたようなので、ICSアップデートのおかげのようですね。


でもこの状態ですと、目の前に2台のキーボードを並べてPCとスマホを操作することになり、色々紛らわしかったので、何かもっと便利なもんは…と思いまして、まずは
DoMobile ShareKeyboard free : キーボードの無い端末必携!?パソコンを外付けキーボードにしちゃおう!Androidアプリ2375
を入れてみました。
つまりもう、スマホ本体に直接キーボード繋げなくてもいいや!ってことですね。
USBホスト機能を活用しようと、USB接続にあれだけこだわってたのは何だったんだ?て感じですけどw


このアプリの使用法は、スマホの入力方法としてこのShareKeyboardを選択すると、下部に接続用URLが表示されます。
それをPCのブラウザで開くと、入力用の画面が登場します。

ここに入力したものが即時スマホに反映されます。また、スマホからテキストをPCブラウザ側に送ることもできるようです。
ただしこれ、スマホとPCが同じWi-Fi環境下にないとダメぽい。
ということは、自宅はいいけど、職場のPCはWi-Fi対応じゃないので使えない。ちぇーっ


その後、GooglePlayのWeb版から、上のアプリを検索しようと「ShareKeyboard」と入力しましたところ、
Share Keyboard & Mouse (Beta) - Google Play の Android アプリ
というのが出て来ました。
なんと、USBまたはWi-FiまたはBluetooth接続で、スマホをPCのキーボードとマウスで操作できるというアプリでした。
ちなみに非rootedのMyあくろたんの場合、USB接続一択です。
ということで早速試してみました。
最初、なかなか端末を認識してくれず、
ShareKM
から、あくろたんのドライバとかも探してきて入れてみたりもしたんですが、うんともすんとも。
散々試した挙句、USBケーブルが充電専用だったということに気付きましたw たはは…^^;


これはPCのマルチディスプレイみたいな感じで使うアプリですね。
PCモニタの右か左かどちらかを設定して、カーソルをPCモニタからフレームアウトするとスマホに矢印が入ってきます。
ドラッグも長押しもできるし、PCのキーボードももちろん使える。
ハードキーに頼らないといけない操作は、ファンクションキーやマウスクリックに割り当てます。
デフォルトではマウスの右クリックでバック、真ん中クリックでメニュー、F1がHOME、F2がサーチ・・・という設定になってましたが、これは自分で変更可能。
キーの割り当てを覚えるのがちょっとめんどくさいけど、これはもうスマホを手で触るのが億劫になるくらい快適です。
ただ、昨夜さわった時点では、Google+のストリームをマウスのスクロールでは流せませんでした。
色々いじりたいんだけど、うちのPCはデスクトップのタワー型なので、足元からUSBケーブルを引っ張って手元まで持ってくるには手持ちのケーブルが短すぎて。
ということで先ほど、2mのデータ転送用ケーブルを注文しましたw

しかし、デスクトップという分類なのに、置き場はたいてい足元というこの矛盾…。