読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき保管庫

気まぐれに書きに来ます。

Twitterクライアント選び

メインケータイはなるべく電池残量を残しておきたい。でもTwitterは暇さえあればやりたい。
iPhoneをメインで使ってた時は、電池の心配もなく何でもiPhone使ってたけど、Androidではそうはいかない。
iPhoneからSIMを抜いてしまった現在、Android二刀流。サブケータイHTCAriaを外出時のメインTwitter用端末にしよう。
ここんとこ、この子で利用するTwitterクライアントアプリ選びに試行錯誤してました。

まずはPlumeを入れてみた。

カラム表示が便利なのだが、なぜか時間をおいてTL更新すると、メンションカラムの上にホームフィードが乗ってくる。
読み込みも遅いしかなりストレス。てことで使用中止。

twitcle

軽くてなかなか使えると聞きチャレンジ。
確かに読み込みが早い!うん、使い勝手も良い!
しかし、時間をおいてTL更新すると、ギャップが取得されない。
数時間前のTLの上に1分以内のツイートが数件乗っただけで更新終了したりする。
数時間前と1分以内の間に、時間の経過と取得漏れがあることを、感じさせない、気付かせない。
使用中止。

jigtwi

これはなかなかイイ!何だかiPhone的な分かりやすさ!
ただ、私の場合、気になったツイートを共有でメモアプリに飛ばしてPCから見直したりする使い方が多いのだが、このアプリでは、共有はできないし、ツイートのコピーすらできない。
すべてをTwitter内で完結する人にはかなり使いやすいアプリだと思う。
ただイメージのインライン表示はできない。

はむーん。

このアプリはメインケータイで愛用中。とにかく、痒く”ない”ところまで手が届くw多機能クライアント。
メニュー項目の表示・非表示が選べたり、並び替えができるのって、このアプリくらいでは??(そんだけメニュー項目が多い)
表示設定も色々いじれます。今回はメインケータイで設定ファイルをバックアップ、それをdropbox経由でAriaのSDカードに受け渡して、設定完了。
そして通勤時、快適なTL閲覧をしながら、もうこれで決着つけていいんじゃないかと安心した矢先、地下鉄圏内に入って、電波の途切れがちな地下鉄内ではツイート送信はおろか、ふぁぼもRTもできない*1ことを思い出す。
電波を掴んでミッション完遂するまでは諦めない送信キューを備えたアプリは今のところPlumeだけ、と聞いていたのを思い出し、背に腹は代えられずやはりPlumeに出戻ることに。

Plume

やっぱり読み込みには時間かかる。
起動時に空っぽのTL画面からスタートするから余計に遅く感じるのね。
そして、前回取得した分のメンションカラムの上に新規のホームフィードが乗ってくる。
使用中止した原因の事象は相変わらず発生中。
しかし、設定を見直してたら「@ツイートを表示」のチェックを外せばいいことに気づいた。
項目名だけ見たら「そりゃもう表示してください」て感じなんだけど、よく見たら「@ツイートをメインタイムラインにも表示します」って意味だった。
わかりにくいよ!*2
これで悩みの1つは解決!
リンク先もいちいち外部ブラウザ立ち上げずとも内蔵ブラウザで見られるのが便利だし、もちろんツイートの他アプリへの共有もできる。
はむーんほどの機能はないけれど、押さえるべきとこは押さえている。


今回、長いこと私の中では懸案だったPlumeの課題が解決したので、嬉しくてくだらないまとめをしてみました。
もしかしたらtwitcleの課題も、低スペックなAriaちゃんだからこそ起きる事象かもしれないけど、
とりあえず地下鉄利用の多い人はPlumeオススメ!!

*1:これは「はむーん」に限らず、大半のアプリで不可能ではないかと。

*2:本来、両カラムで表示しとけば便利なのは間違いないけど、私の悩みのタネはこの機能のバグで起きてるんじゃなかろうかと。