つぶやき保管庫

気まぐれに書きに来ます。

タコにつける薬


最近やたら足裏のマメ?タコ?が痛いので、昨日買って来ました。
お店にはいろいろのサイズが取り揃えてあったけど、いまいち微妙なサイズは分からないので、自分でカスタマイズできるタイプにしてみました。
4種類のサイズのフェルトリングが数枚ずつ入ってて、それを患部に貼った上から、同封のサリチル酸絆創膏というのを適当なサイズに切ってのっけて、太さの合うテープで貼って固定します。
貼るまでに準備の手間がかかります^^;

貼り終えた後、ふと「こいつはどういう風に効くのかな?」と外箱を改めて確認したところ、「効能・効果:うおのめ、たこ、いぼ」となってて唖然!
それ、用途であって、効能じゃないだろ!ww
目的は痛みの緩和なのか、症状の改善なのか。

で、サリチル酸という成分を調べてみたところ、

サリチル酸
サリチル酸は、皮膚の角質を軟化させる作用や、白癬菌(水虫の菌)に対する抗菌作用が、ある。

なんだってさ。水虫にも効くとは驚いた!
まぁ要するに、硬いから当たると痛いんだろ?んじゃふやかしてみんべ、ってことですね。

余談ですが、今回はマメだかタコですが、昔はよく「うおの目」ができて、その時に親に「スピール膏を使え」と言われてたので、そういった関係の医薬品は「スピール膏」と呼ぶんだと思っていたのですが、今回購入した商品には何も書いてない。
いま調べてみたら商品名なんですね。しかも商標登録済み(←日本では登録されてないらしく、(TM)じゃなく(R)表記。)
スピールなんちゃら云う成分でも入ってるのかと思ってたわ。
長年の謎が解けました。

広告を非表示にする