読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき保管庫

気まぐれに書きに来ます。

ひとりよがり

仕事が忙しい旦那。3月中はほとんど休みがありません。
休日がとれないどころか、日勤→夜勤→日勤の連続で、帰宅して寝る間もありません。
最後に会ったのは火曜日の夜。
でも今夜は帰って一緒に夕飯が食べられる予定だと聞いていました。
なので旦那の好きな刺身を買い、夕飯の食材の買い物をして帰宅すると、部屋に電気が点いていました。
ソファにひっくり返って、夢うつつの弱々しい声で「もうじきまた出掛けなきゃいけない」と言う旦那。
「え!ご飯一緒に食べられるんじゃなかったの!」
「予定が変わった」
「予定が変わったなら、あらかじめ教えてよ!」
「連絡する気力がなかった、いつの間にか寝てた」

ずっと別々の生活で、ようやく一緒にご飯が食べられるという期待を裏切られたというのもありますけど、忙しくて休む間もない旦那のために、私ができることといったらご飯作るくらいしかないのに、その機会すら与えてくれないなんて!
憤りと、怒りと、無力感で感情が爆発しました。
旦那も疲労でいっぱいいっぱい状態で、連絡しなかったことは悪かったと認めたものの、謝って私をなだめるまでの精神的な余裕はなく、「なんだよ、ごはんごはんって!」「じゃあどうすりゃいいんだよ!」とイライラ。
私がご飯のことを主張しすぎたせいで、(今夜出るのはやめて、明日と土曜に出るよう予定を組み直すべきか?)とか、余計なことまで考えさせてテンパらせてしまいました。
結局、私が帰宅してから旦那が出掛けるまでの30分足らずの間、2/3以上は険悪な状態が続きました。

出掛ける間際にどうにか仲直り。夜中には帰ってくる、遅くとも明日の朝には帰ってくる、だから刺身はとっといて、と。
今夜も私はひとりご飯になってしまったわけですが、おかずを作っておいたら、明日には食べてもらえる保証を取り付けた形。

冷静になってみると、「あなたのため!」と言ったって、要するに自分が自分に課したことであって、つまりは私の都合なんだ。
単なるわがままで、疲れている旦那を余計に疲れさせてしまった。大人げないことをした。


しかしあんなにフラフラで、判断力もかなり衰えている状態でまともに仕事ができるのか。
そんな状態での仕事でもいいのか。
家庭内で旦那と喧嘩するより、私は会社を訴えた方がいいのではないだろうか。